子ども・若者の居場所づくりガイド【導入編】が完成しました

 

よこはま地域福祉研究センター、神奈川県社協、神奈川県共同募金の3者協働で取り組んでいる、「子ども・若者の居場所づくり推進事業」の一環で作成したガイドブックが完成しました。

■事業の目的・背景にあるもの
〈子ども・若者の居場所づくり推進事業〉
子ども・若者のために、あなたの力が必要です。

県では、青少年の育成と自立への支援を、県民全体の理解と協力と責任の下で進めていくための共通の道しるべとして、また、総合的な青少年施策の一層の推進を目的として、平成28年3月に「かながわ青少年育成・支援指針」を改定しました。
この指針に基づき、創造的な未来を切り拓く青少年の応援に取り組むとともに、子どもの貧困問題への対応、地域の見守りと子ども・青少年の居場所づくりなどを進めています。
この一環として、平成28年度から関係機関との連携により、ひとり親家庭等の小・中学生等が、夜間に安心して安全に過ごすことができ、食事の提供や生活習慣の習得等の支援も可能な地域の居場所づくりのモデル的な取組みを進めるとともに、その成果を広く普及し、市町村や民間等による新たな取組みを促進するための事業を実施しています。
こうした、子ども・青少年が安心して安全に過ごすことができる地域の居場所づくりを推進するためには、行政の取組みだけではなく、地域の住民や、青少年支援・指導者、居場所づくりに関わる団体、様々な相談関係機関、NPOや企業等、地域に関わるすべての皆様のご理解とご協力が必要不可欠です。
この「子ども・若者の居場所づくりガイド」は、地域に関わる皆様に、今の子ども・若者たちが置かれた状況をご理解いただくとともに、地域の力を結集したネットワークづくりにご活用いただくことを目的として作成しました。

■コンテンツ

  •  子ども・青少年の居場所づくり推進事業
    かながわ青少年育成・支援指針 ~青少年を支援する13の施策の方向~
  • データでみる 子ども・若者
  • 子ども・若者の居場所づくりと現代  沖縄大学 名誉教授 加藤 彰彦さん
  • 活動紹介〉認定特定非営利活動法人 アンガージュマン・よこすか
  • 活動紹介〉認定NPO法人 ぐるーぷ藤
  • 子ども・若者の居場所づくりフォーラム
    現代社会における、子ども・若者にとっての居場所の価値
    特定非営利活動法人 さいたまユースサポートネット 代表理事 青砥 恭さん
    ワールドカフェで語り合おう!参加者の声
  • 活動をつくる・進める・広げるための情報ナビ
  • 発刊に寄せて

全国で家族療法のワークショップや講演会を開催している団士郎さんの描いたお話をパラパラ漫画で読むことができます。

全ページはこちら(pdf )> 1/4  2/4  3/4  4/4

企画・制作・発行:社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会・NPO法人よこはま地域福祉研究センター
冊子デザイン・DTP:NPO法人よこはま地域福祉研究センター