Archive
アーカイブ

令和4年度横浜市地域包括支援センター職員研修応用編スタートしました

地域共生社会構築を目指して、
個別支援と地域支援の連動によるソーシャルワーク力を高める!

「地域共生社会の実現」に求められる地域包括ケアの推進に向け、地域包括支援センター職員として個別支援・地域支援を連動させ、日々取り組まれていることでしょう。暮らしに多様な課題がせまり「生きづらさ」を抱える人々が増加する今、これからのソーシャルワーク力は住民や地域にとって不可欠です。本研修は、地域包括支援センター職員の皆さんのソーシャルワーク力が問われる現場に着目し、その専門性を高めることを目的に実施します。

 チラシPDF (2022.10.24現在)

研修概要

WEB申込フォーム

対象者

横浜市地域包括支援センター職員研修基礎編の既受講者
または、経験12か月以上の地域包括支援センター職員(保健師等、社会福祉士、主任ケアマネジャー)の方

日時・会場

第1回 9/27(火)13:30-17:00 ウィリング横浜124-125
第2回 10/18(火)13:30-17:00 ウィリング横浜501-502
第3回 10/28(金)13:30-17:00 ウィリング横浜121-122
第4回 12/7(水)13:30-17:00 ウィリング横浜901
第5回 1/20(金)13:30-17:00 ウィリング横浜901

定員 各回60名
締切 9/20(火) ※単発受講の方は各回1週間前まで
受講料 無料
問い合わせ先 特定非営利活動法人 よこはま地域福祉研究センター(担当:手塚・桜井)
Tel:045-228-9117(受付 9:00-17:00) 横浜市中区住吉町2-17 金井ビル201号

※緊急事態宣言発令等の状況により、会場や実施方法が変更になる可能性があります。事前にメール及びHPでご確認ください。

 

プログラム

WEB申込フォーム

第1回 9/27(火)
13:30-17:00
ウィリング横浜124-125
終了しました

今、地域で実現するInclusion

・地域共生社会の構築が求められる背景と意義
・「生活モデル化」を原則とする当事者主体のケアの方向性
・当事者・地域の参加を促すケアの実現


講師
:日本福祉大学 福祉経営学部
教授 綿 祐二氏

<プロフィール>

社会福祉法人睦月会 理事長

著書:「高齢者の寄り添い介護-考え方・進め方-」「介護専門職のための利用者本位の介護技術」その他多数。鹿屋体育大学大学院体育学研究科修了後、東京都立大学、長崎国際大学、文京学院大学を経て、現在に至る。

第2回 10/18(火)
13:30-17:00
ウィリング横浜501-502
終了しました

困難事例に向き合う

・困難ケース分析→処遇困難、接近困難、サービス提供困難、多問題、ハイリスク
・支援困難ケースの生活課題/困難事例の属性とクラスター分析
・ミクロ、メゾ、マクロの重層構造とアプロ―チ


講師
:東京都立大学人文社会学部人間社会学科社会福祉学教室
人文科学研究科社会行動学専攻 社会福祉学分野 教授 和気 純子氏

<プロフィール>

<研究分野>高齢者福祉論、ソーシャルワーク論、社会福祉国際比較論
<研究テーマ>高齢者ソーシャルワーク、ケアマネジメント 高齢者(家族)介護、エンパワーメント志向ソーシャルワーク、 高齢者福祉国際比較
<主な著書>『高齢者に対する支援と介護保険制度』(共著)中央法規出版 2015など

第3回 10/28(火)
13:30-17:00
ウィリング横浜121-122
終了しました


第4回 12/7(火)
13:30-17:00
ウィリング横浜901

 

事例検討1・講義:事例検討とは
     ・報告:包括3職種より事例紹介(10/28)
事例検討2:全体事例検討会(12/7 )

・支援分析シートを使った対話型検討
・地域の困難事例を地域で支援する方策の検討


講師
:相模女子大学 人間社会学部社会マネジメント学科
准教授 松﨑 吉之助氏

<プロフィール> <研究分野>地域包括ケアシステムにおける専門職の役割、一人暮らし認知症高齢者の地域生活の課題と支援のあり方、地域住民と専門職の協働・連携、民生委員の役割と課題等を研究

<事例提供者>
主任ケアマネジャー 横浜市港南台地域ケアプラザ 野原 美弥さん
社会福祉士 横浜市新山下地域ケアプラザ 森 夏輝さん
保健師 横浜市さつきが丘地域ケアプラザ 芝田 郁子さん

第5回 1/20(金)
13:30-17:00
ウィリング横浜901

 

地域における自立生活支援と地域共生社会の構築


講師
:埼玉県立大学 保健医療福祉学部 
教授 朝日 雅也氏

<プロフィール>埼玉県立大学学長補佐・高等教育開発センター長、保健医療福祉学部社会福祉子ども学科教授、大学院保健医療福祉学研究科教授。
 国立職業リハビリテーションセンター、日本障害者雇用促進協会(現 高齢・障害・求職者雇用支援機構)国際協力課等の勤務を経て19994月から埼玉県立大学教員、現在に至る。
 障害者福祉や職業リハビリテーション・就労支援を中心に、共生社会の実現に向けた教育研究を展開。障害者の就労支援やディーセントワークの実現を探究中。

 

・全回受講が望ましいですが、諸事情により参加できない回がある場合は、事前にご連絡ください。
・新型コロナウィルス感染症予防対策のため、中止・延期・カリキュラムを変更する場合があります。
・受講にあたってはマスクの着用をお願いします。

お申込み:NPO法人よこはま地域福祉研究センター

WEB申込フォーム   Eメール〉houkatsu@yresearch-center.jp(担当:手塚・桜井)

 

 WEB申込フォームまたはEメールからお申込みください。
Eメールの場合は、下記の項目を明記の上、houkatsu@yresearch-center.jpまでお送りください。

<必要事項>
  • 1.参加希望日
  • 2.申込者氏名(ふりがな)
  • 3.所属団体名(施設名または区・課名)
  • 4.所属団体の所在地
  • 5.電話番号
  • 6.Eメールアドレス
  • 7.年代 (20代/30代/40代/50代/60代以上)
  • 8.職種 (社会福祉士/主任ケアマネジャー/保健師等)
  • 9.福祉職経験年数(看護職経験年数含) (  年)※お申込み時点
  • 10.現職経験月数 (  年)※お申込み時点