9/21(水) 「見えない」ことは 欠落ではない~新しい身体論を知る

数歩先行く障害福祉<理論編①>
 違うっておもしろい。障害への向き合い方を考える

「見えない」ことは欠落ではない
~新しい身体論を知る~

障害について、福祉とはまた異なる視点からアプローチする研究が進んでいます。研究から生まれた「新しい身体論」からは、共生社会創出のためのヒントを見出すことができます。
障害者と家族の地域生活支援プロジェクト2016のスタートアップは、障害のある人の見ている世界を眺めることができる特別なプログラムです。差別解消や合理的配慮など「同じ」を目指す動きも重要ですが、それだけでは見えてこない「違うことの面白さ」に目を向けてみませんか。

 


「視覚のない国」があったとしたら、それはどんな国か?      (撮影:御厨慎一郎 写真提供:森美術館)

講 師> 東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 准教授 伊藤亜紗(いとう あさ)氏
対 象> このテーマに関心のある方ならどなたでも
(障害福祉現場などの職員、教員、学生、保護者、当事者の方など)
※手話通訳等必要なサポートについては申込時にお知らせ下さい。
日 時>2016年9月21日(水) 18:30-21:00
会 場> Mass×Mass関内フューチャーセンター
定 員> 50名(先着順)
参加費> 各回(一般)2,500円・(学生)1,000円(税込)
共 催> 公益財団法人 横浜YMCA
(公財)日本社会福祉弘済会 社会福祉助成事業

講師プロフィール
1979年東京都生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。専門は美学、現代アート。もともと生物学者を目指していたが、大学三年次より文転。2010年に東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得のうえ退学。同年、博士号を取得(文学)。研究のかたわらアート作品の制作にもたずさわる。主な著作に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)、『目の見えないアスリートの身体論』(潮出版、近日刊)、『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』(水声社)など。参加作品に小林耕平《タ・イ・ム・マ・シ・ン》(国立近代美術館)など
http://asaito.com/

お問合せ・お申込み>
NPO法人 よこはま地域福祉研究センター(担当:吉川)まで
お名前(ふりがな)、所属、電話番号、メールアドレスを明記の上、下記までお申込み下さい。
E-メール top@yresearch-center.jp
お電話 045-228-9117 (受付時間 月~金 10:00~17:00)
FAX 045-228-9118

webお申し込みは下記より


件名(選択・必須)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

ご所属 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ・お問合せがありましたらご記入下さい

ご記入いただき、ありがとうございます。担当から折り返しご連絡さしあげます。